So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

大トンド点火 [祭典・神事]

18時00分 大トンドに火が入ました。
 新しい年を迎えるにあたり、一年間お祀りしたお神札やお守り、注連縄、古い神棚などを、粗末にならないように神社に納め、浄火によって燃やす事をお焚き上げといいます。

IMG_7684.JPG
写真をクリックすると拡大します。
IMG_7710.JPG
写真をクリックすると拡大します。
 初詣参拝お待ちしております。

nice!(1)  コメント(0) 

大和神社の鬼が吉野山で大暴れ [講演・展示]

吉野山観光協会主催の「鬼フェス in 吉野山」というイベントで、大和神社の鬼・天狗が大暴れします。

img020.jpg
写真をクリックすると拡大します。
大和(奈良県内)の鬼が吉野山に勢ぞろいして、吉野山を駆けめぐります。

img021.jpg
写真をクリックすると拡大します。 2019年2月9日  17時00分~
吉野山中千本エリア

nice!(1)  コメント(0) 

正月準備 門松の設置 [祭典準備作業]

 大和神社では、毎年12月24日に、二の鳥居前に門松を設置しています。
 今年も、宮総代によって、立派な門松が飾り付けられました。

IMG_7614.JPG
写真をクリックすると拡大します。

 新春の準備がだんだんと調っていきます。初詣にお参りに来られるのをお待ちしています。

nice!(1)  コメント(0) 

正月準備 しめ縄作りNo2 [祭典準備作業]

 大和神社では、12月20日~12月21日に、神社境内、大和郷内の各村社などの注連縄46本を宮総代・総代OBで毎年作成しています。

 注連縄作り2日目、今日は本殿の大注連縄を作成します。

IMG_7594.JPG
写真をクリックすると拡大します。

 こも編みと言う方法で、10人で力を合わせて作ります。

IMG_7610.JPG
写真をクリックすると拡大します。
 新しい注連縄で、新年を迎えるため、宮総代・総代OBが力を合わせて頑張っています。

nice!(2)  コメント(0) 

正月準備 注連縄作り [祭典準備作業]

 大和神社では、12月20日~12月21日に、神社境内、大和郷内の各村社などの注連縄46本を宮総代・総代OBで毎年作成しています。
 注連縄作成の最初の作業は、餅藁のシビ取です。昔ながらの足踏み雑穀機で藁のシビをとりきれいにします。

IMG_7561.JPG
写真をクリックすると拡大します。
 藁がきれいになると、注連縄を編んでいきます。大和神社では、吊編みと言う方法で注連縄を編みます。

IMG_7583.JPG
写真をクリックすると拡大します。

 新しい注連縄で、新年を迎えるため、宮総代・総代OBが力を合わせて2日間頑張っています。

nice!(1)  コメント(0) 

天理南中学校で「大和神社の祭りを通じて」No2 [講演・展示]

 天理南中学校の三年生が「人権教育地域教材」として、大和神社の祭りを取り上げ学習しています。
 今日は、「田植歌の復興を通して、現在に伝えたかったこと」題して、講演を聞きました。
自分たちの住んでいる地域の歴史から大和神社の御田植祭の由来・御田植歌の復興の苦労話など約90分の長い時間でしたが、みんな真剣に聞き入っていました。
 少しでも、地域の歴史・引き継がれてきた文化に関心を持ってもらえたかな。
 天理南中学校の生徒さんには、一月のお弓祭・二月の御田植祭のご奉仕頂いて、誠に感謝しております。
 

nice!(1)  コメント(0) 

大絵馬奉納 [奉納]

 今年ももう12月6日 一年は早いものでもう師走です。
 来年は、亥(いのしし)年で無病息災で病気になりにくい年とされています。

 日本画家の塩谷栄一様より 大絵馬が奉納され、奉納報告祭及び入眼式が行われました。

IMG_7549.JPG
写真をクリックすると拡大します。
 絵馬には、猪を描き「大道体寛(だいどうはたいひろし)」の言葉が添えられています。

  「大道体寛」の詳しくは こちら

nice!(1)  コメント(0)