So-net無料ブログ作成

正月準備 注連縄作り [祭典準備作業]

 大和神社では、12月20日~12月21日に、神社境内、大和郷内の各村社などの注連縄46本を宮総代・総代OBで毎年作成しています。
 注連縄作成の最初の作業は、餅藁のシビ取です。昔ながらの足踏み雑穀機で藁のシビをとりきれいにします。

IMG_7561.JPG
写真をクリックすると拡大します。
 藁がきれいになると、注連縄を編んでいきます。大和神社では、吊編みと言う方法で注連縄を編みます。

IMG_7583.JPG
写真をクリックすると拡大します。

 新しい注連縄で、新年を迎えるため、宮総代・総代OBが力を合わせて2日間頑張っています。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。