So-net無料ブログ作成
祭典・神事 ブログトップ
前の10件 | -

朝日神社例祭 [祭典・神事]

朝日神社例祭は、毎年11月30日に斎行されています。

祭神 朝日豊明姫神 (天照皇大神)
 貞観11年(869年)に従五位下を授けられた神社

IMG_5300.JPG
写真をクリックすると拡大します。

 国や地方の生産物をふやし、産業を盛んにし、交易を奨め給う。また、桜井・奈良街道を行く方は必ず詣でたと言う。

nice!(1)  コメント(0) 

新嘗祭 [祭典・神事]

新嘗祭が斎行されました。
お祓い所にて、神官、参列者清めのお祓いを受けました。
IMG_5214.JPG
写真をクリックすると拡大します。

拝殿において、神事が行われ、御神楽の奉納
IMG_5276.JPG
写真をクリックすると拡大します。

 神殿に、初穂と白酒をお供えし、収穫の感謝の心と農作物等諸産業の方策を祈願しました。
nice!(1)  コメント(0) 

交通安全祈年祭 [祭典・神事]

 旅の安全守護を給う。遣唐使の出発の際には、大和神社で交通安全を祈願し。道中無事大任を果たし帰国したという歌が、好去好来という題で万葉集に詠まれている。古来より交通安全の神と称えられ、毎年交通安全の祈願を行っている。

IMG_4881.JPG
写真をクリックすると拡大します。

平成29年 交通安全年間スローガン
〇 抱っこより 深い愛情 チャイルドシート(運転者向け)
〇 身につけよう 命のお守り 反射材(歩行者・自転車利用者向け)
〇 ペダルこぐ 免許はないけど ドライバー(子ども向け)

 地域ぐるみで交通事故を防止しを誓いました。

nice!(1)  コメント(0) 

朝和校区戦没者慰霊祭斎行 [祭典・神事]

 毎年、大和神社参道の二の鳥居横に建立されている忠魂碑の前で、「朝和校区戦没者慰霊祭」が執り行われますが、今年は、台風22号の影響で雨模様となり、朝和会館内での斎行となりました。

IMG_4850.JPG
写真をクリックすると拡大します。

 遺族の方々等多数参列され、戦没者の霊に祈りを捧げ、戦争とは何かを考え、そして、命の尊さを深く胸に刻み、平和への祈りを捧げました。
nice!(1)  コメント(0) 

紅しで踊り奉納 [祭典・神事]

 今日 午後1時30分から、大和神社拝殿前広場において、天理市無形文化財に指定されている紅幣(べにしで)踊りを奉納されました。

IMG_4224.JPG
写真をクリックすると拡大します。

  古来、干ばつに苦しむ農民が大和神社に雨乞いを行い、願いが成就し豊作となり、感謝の気持ちを踊りで奉納した。一時途絶えたが、昭和30年代に女性だけで紅幣踊りが復活。 地元朝和幼稚園児も参加してくれました。

紅しで踊り奉納の動画はこちら
nice!(2)  コメント(0) 

「戦艦大和みたま祭」斎行 [祭典・神事]

 当神社の祖霊社に奉斎申し上げる戦艦大和戦没将士(伊藤整一命外二七三六柱)の方々が合祀されています。
  時と供に風化しつつある中、先の大戦にて戦禍に倒れた多くの多くの人々に慰霊の誠を捧げ、感謝の心を伝え、世界の平和を願い、「戦艦大和みたま祭」を毎年、八月七日に執り行っています。大東亜戦争終結七十二年目の年です。

IMG_4046.JPG
写真をクリックすると拡大します。

今年は、台風5号が、みたま祭に合わせて、大和神社へ 風雨強まる中「戦艦大和みたま祭」を斎行しました。
 祭典が始まりましたら、風はやみ・雨も小雨となり これも神様の御心か?

nice!(1)  コメント(0) 

茅の輪くぐり [祭典・神事]

本日午後五時より「茅の輪くぐり」を斎行しました。

IMG_3880.JPG
写真をクリックすると拡大します。

 神社境内に作られた、「茅(ちがや)で編まれた大きな輪」をくぐる神事。茅の輪をくぐることで、災厄や病気を免れることができるといわれています。
 「8の字を描くように3回くぐる」のが一般的で、その際に「水無月(みなつき)の夏越(なごし)の祓(はらい)する人(ひと)は、千歳(ちとせ)の命(よわい)延(の)ぶというなり」と唱えるといいとされています。
 大和神社では、6月30日~7月3日午前中まで拝殿前に、茅輪を設置致しています。

 茅の輪くぐり」の動画を見る

高龗神社例祭 [祭典・神事]

 水の神様である高龗神社の御例祭を本日(6/1)に執り行いました。

 水は商いにも通じ商売繁盛、あわせて辰年生まれの方々の、出世開運を祈願しました。

IMG_3748.JPG
写真をクリックすると拡大します。
 また、大和神社周辺地域では、田植が6月初め頃から始まります。
 水の神様である高龗神社に、稲作に必要な水が十分供給できますよう祈願しました。

「野神祭り」 [祭典・神事]

 新泉町「野神祭り」は、(天理市指定無形民俗文化財)です。
 野神祭は稲作作業の始まる頃に子供(男)組が中心となって野神を祭る行事です。

IMG_3682.JPG
写真をクリックすると拡大します。
 神社では神主による式典の後、子供達が麦わらで作った牛、馬、じゃじゃうま(むかでともいい、左右に15本宛の足を付けます)と竹製の唐鋤、まんが、はしごのミニチュアで、田に見立てた長方形の小さな砂場で牛を使って農具を使った耕作の儀式をそれぞれ3回ずつ行い、その後、馬を使って競馬の所作をこれも3回行います。

 動画はこちら

第二艦隊戦没者慰霊祭 [祭典・神事]

 天気予報では、雨が降る模様でしたが、祭典の開始前から雨は上がり、祭典も無事斎行することが出来ました。

IMG_3532.JPG


昭和二十年四月七日 第二艦隊の将兵が九州西南方海域に没してから、終戦七十二年を迎えます。
 第二艦隊司令長官伊藤整一海軍中将ほか戦艦大和戦没将士2,736柱の御霊が大和神社「祖霊社」に合祀されています。
 毎年、命日にあたる四月七日に、慰霊祭をとり行い、英霊に鎮魂の誠を捧げ、遺徳を偲びます。

 祭典の動画はこちらから
前の10件 | - 祭典・神事 ブログトップ