So-net無料ブログ作成

鏡開き [祭典・神事]

 鏡開きとは、お正月に神様に供えていた鏡餅を下げ、それを食べるという風習です。
 神様に供えた食べ物には力が備わると考えられ、神様に感謝しながらそれを食べることによって、無病息災を祈願しています。

 でも、1月3日に鏡開きは、早すぎるのでは?
 鏡開きは、松の内が終わった後に、地域により異なりますが、4日~20日頃に行われています。
 大和神社では、明日(1/4)の、お弓始め祭に、善哉にして参拝者にふるまうため、早いですが1月3日午後から鏡開きを行っています。

IMG_2428.JPG


 大和神社では、切り分けられたお餅は、氏子の皆様に撤饌として授与するのと、明日(1月4日)のお弓始め祭において、善哉にして、参拝者の皆様にふるまいます。
 善哉のふるまいは、明日(1月4日)午前11時50分から先着500名様にふるまいます。なくなりしだい終了ですので、早めの参拝をお待ちしています。

nice!(1)  コメント(0)