So-net無料ブログ作成
2017年12月| 2018年01月 |- ブログトップ
前の10件 | -

今日は「大寒」 [豆知識]

 大寒は、「だいかん」と読み、季節を表す言葉の一つです。
 読んで字の如く、寒さが大きいと書くことから一年で最も寒いのが、この大寒の時期です。

 ここ数日は、寒さも緩み3月中旬頃の気候だそうです。
 でも、来週からは、寒さも厳しくなるとの天気予報です。
 大寒が終わると次は「立春(2月4日)」、すなわち暦の上では春がやってくることになっています。
 春が待ち遠しいですね。


花 誕生日 フラワーギフト おまかせアレンジメント

花 誕生日 フラワーギフト おまかせアレンジメント

  • 出版社/メーカー: 翌日配達お花屋さん
  • メディア:



nice!(1)  コメント(0) 

節分に豆をまく由来 [豆知識]

 節分には豆まきをしますが、これは中国の習俗が伝わったものとされています。
 豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。
 「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。
 豆まきは一般的に、一家の主人あるいは「年男」(その年の干支生まれの人)が豆をまくものとされていますが、家庭によっては家族全員で、というところも多いようです。
 家族は自分の数え年の数だけ豆を食べると病気にならず健康でいられると言われています。

節分.JPG
写真をクリックすると拡大します。

 ただ、豆まきに使う豆は炒った豆でなくてはなりません。
 生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いからです。
 また、「炒る」は「射る」にも通じ、大豆を炒ることで、鬼を封じ込めるという意味もあります。
 そして最後は、豆を人間が食べてしまうことにより、鬼を退治した、ということになるわけです。





kenema 注染手ぬぐい 『イベント』 お父さんと子鬼 36×90cm

kenema 注染手ぬぐい 『イベント』 お父さんと子鬼 36×90cm

  • 出版社/メーカー: Miyamoto-Towel
  • メディア: ホーム&キッチン



nice!(1)  コメント(0) 

節分の由来 [豆知識]

 2月3日は「節分(せつぶん)」です。節分とは本来、「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日を指し、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に、1年に4回あったものでした。
 ところが、日本では立春は1年のはじまりとして、とくに尊ばれたため、次第に節分といえば春の節分のみを指すようになっていったようです。

 立春を1年のはじまりである新年と考えれば、節分は大晦日(おおみそか)にあたります。平安時代の宮中では、大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行われていました。
 室町時代以降は豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し、民間にも定着していきました。


おにはそと (こどものくに傑作絵本)

おにはそと (こどものくに傑作絵本)

  • 作者: せな けいこ/作・絵
  • 出版社/メーカー: 金の星社
  • 発売日: 2010/12/23
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0) 

山茶花(サザンカ)満開 [季節の風景]

大和神社の手水舎横に山茶花が満開を迎えています。

山茶花は、ピンクなどの美しい色の花を咲かせる花木です。
ただ、花の姿が椿に似ていることから、見分けがつかず混乱してしまうことがあります。

IMG_5734.JPG
写真をクリックすると拡大します。
花言葉は、
「困難に打ち克つ」「ひたむきさ」という山茶花全般の花言葉の由来は、寒さが強まる過酷な季節にも負けずに花を咲かせる姿に由来しています。赤い山茶花の花言葉である「謙譲」は、控えめでどこか寂しげな花姿にちなんでつけられました。
なお、ピンクの山茶花の花言葉は、「あなたがもっとも美しい」だそうです。
山茶花の花をバックに記念写真 いかがですか?



こんなことでよかったの! ? 96のメイクテクニック 美しくなる判断がどんな時もできる

こんなことでよかったの! ? 96のメイクテクニック 美しくなる判断がどんな時もできる

  • 作者: 長井 かおり
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/08/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0) 

歯定神社例祭斎行 [祭典・神事]

1時00分より歯定神社例祭が執り行われました。
今日は、厳しい寒さも少し和らぎ快晴の中神事がおごそかに執り行われました。

IMG_5698.JPG
写真をクリックすると拡大します。
 医療の神、少彦名神(すくなひこなのかみ)を祀ることから“歯の神”と言われている。また、古くは、“葉状神社”と呼ばれ、農業・特に葉物野菜の種蒔きに際して、当社に豊作を祈願したともいう説もある。


パナソニック 替えブラシ ドルツ 山切りタイプ(Vヘッド) 4本組 白 EW09104-W

パナソニック 替えブラシ ドルツ 山切りタイプ(Vヘッド) 4本組 白 EW09104-W

  • 出版社/メーカー: パナソニック(Panasonic)
  • メディア: ホーム&キッチン



nice!(1)  コメント(0) 

歯定神社例祭 1月15日 [祭典・神事]

例祭は 1月15日11時00分~11時30分

 医療の神、少彦名神(すくなひこなのかみ)を祀ることから“歯の神”と言われている。また、古くは、“葉状神社”と呼ばれ、農業・特に葉物野菜の種蒔きに際して、当社に豊作を祈願したともいう説もある。

 午前6時頃神社前の広場でトンドが点火され、地元の人が参拝に来られます。
この、トンドで注連縄などを炊き上げて、琵琶の葉に小豆粥・お餅を乗せたお供え物を供えて参拝されます。
IMG_2554.JPG
写真をクリックすると拡大します。
nice!(1)  コメント(0) 

御田植歌一緒に歌いませんか [祭典準備作業]

大和神社の御田植歌皆で歌って盛り上げましょう
2月10日は、大和神社の御田植祭です。
去年の御田植祭で、112年ぶりに「御田植歌」を復興しました。
「御田植歌」の練習会を毎週土曜日13時~16時に朝和会館で行っています。

IMG_001.jpg
写真をクリックすると拡大します。

2月10日の御田植祭で、一緒に歌ってみようかなと思われる方は、一度練習に参加しませんか。
誰でも、大歓迎です。お待ちしています。

nice!(1)  コメント(0) 

七草がゆ [豆知識]

 春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って食べられる。祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。
 この行事は、平安時代には行われていたが、室町時代の汁物の原型ともされている。

春の七草.jpg
写真をクリックすると拡大します。
「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」、子どものころに一生懸命覚えた春の七草の名前です。
 ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、スズナはカブ、スズシロはダイコンのこと。
 この七草をお粥にして1月7日に食べる七草粥の習慣は、江戸時代に広まったそうです。
 明日は、七草がゆを食べて正月の御馳走で弱った胃を休めて下さい。

nice!(1)  コメント(0) 

初雪が降りました [季節の風景]

 朝から小雪が舞い降りていました。午前9時頃には小雨に

 そういえば、今日は、小寒です。 
 小寒から節分までの30日間を「寒の内」といい、寒風と降雪の時節で、寒さが厳しくなる頃。これから冬本番を迎えます。
 寒さは厳しくなりますし、風邪やインフルエンザなどに罹る方も増えてくる時期です。
 風邪などひかないように、十分注意が必要な時です。

nice!(1)  コメント(0) 

お弓始め祭斎行 [祭典・神事]

 御祭神八千戈大神(やちほこのおおかみ)の例祭新年を迎えての弓打ち神事として厄払いで、一年の健康と作物の豊作を祈願しました。
 祭典後(13時30分頃~)、拝殿前で天理南中学生10名、奈良県弓道連盟会員40名で、小笠原流弓術の作法で弓を射る。

IMG_5638.JPG
写真をクリックすると拡大します。

お弓始め祭の動画を見る
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -
2017年12月|2018年01月 |- ブログトップ