So-net無料ブログ作成

追手風(おいてかぜ)部屋の力士大和神社で必勝祈願 [祈祷・参拝]

 追手風部屋の関取が、大和神社へ必勝祈願の参拝にくる。

 3月2日 13時40分~
 
 大和神社 拝殿で必勝祈願し、朝和会館にて、お相撲さんとコミュニケーション

IMG_2943.JPG
写真をクリックすると拡大します。

みんな見に来てね!!

倉の修復工事(No7) [神社整備工事等]

屋根の葺き替え工事が始まりました。

IMG_2923.JPG
写真をクリックすると拡大します。

新しい瓦がきれいに並べられた屋根を見ていると、屋根が大きくなったように感じます。
高い屋根での作業です。安全第一でお願いします。

ちゃんちゃん祭り写真展 [ちゃんちゃん祭り]

 天理市文化センターで、平成28年度 冬の文化財展が開かれています。

 開催期間は、平成29年2月4日~3月5日まで

 この文化財展の中で、天理市教育委員会が中心となって実施されている、大和神社のちゃんちゃん祭りの民俗調査により記録撮影された写真などが紹介されています。

IMG_2889.JPG
写真をクリックすると拡大します。

 祭典の準備・宵宮参り・御渡り等「ちゃんちゃん祭り」の魅力一杯です。
 もうすぐ「ちゃんちゃん祭り、この文化財展をの見学をお勧めします。

ヒエ塚古墳発掘調査 [神社周辺の情報]

 大和古墳群のヒエ塚古墳の発掘調査は、今回で三回目だそうです。
 調査の結果、周濠は、幅約5.8メートル、深さ約50センチの周濠を確認し、周濠が古墳の周囲を巡ることがわかりました。
 後円部の大きさについては、第二次調査と今回の調査の結果、基低石の位置から、従来想定していた大きさよりも約10M大きくなることがわかりました。

IMG_2879.JPG
写真をクリックすると拡大します。

 現地説明会に初めて参加して、古代の記録が土の中に埋まっていて、調査・分析によって私たちの先祖の生活がよみがえるのですね?
 現地説明会で、頂いた資料を読み直し、新しい発見がありましたら、また報告します。

大和王家と関わり深い [神社周辺の情報]

 大和古墳群のヒエ塚古墳の後円部が想定より10M大きい直径70M規模であることが分かり、16日天理市教委が発表した。

IMG_2887.JPG
写真をクリックすると拡大します。

 19日午後1時半から、現地説明会が行われるとの事
 3世紀から4世紀に築造の古墳、興味がわいてきました。
 現地説明会に、行って来ます。
 結果を、報告します。

「御田植歌」復興記事新聞に掲載(No3) [その他]

御田植祭(2月10日)において、「田植歌」が112年ぶりに復興しました。

朝日新聞(2/11)朝刊に大和神社 御田植歌復興の記事が掲載されました。
掲載記事を紹介します。

IMG_2868.JPG
写真をクリックすると拡大します。

産経新聞(2/14)朝刊に大和神社 御田植歌復興の記事が掲載されました。
掲載記事を紹介します。

IMG_2869.JPG
写真をクリックすると拡大します。

倉の修復工事(No6) [神社整備工事等]

倉の中の床の張替工事

IMG_2864.JPG
写真をクリックすると拡大します。

倉の床も傷んでいましたので、張り替えることとなりました。

倉の修復工事(No5) [神社整備工事等]

 壁の塗り替え工事が始まりました。
 白い漆喰の壁を剥がして、新しい漆喰壁が塗られます。

IMG_2851.JPG
写真をクリックすると拡大します。

 ところどころ、補修をしながらの作業となりますが、出来上がると、きっと綺麗になることでしょう。
 安全第一で、作業よろしくお願いします。

112年ぶり「田植歌」復興 [祭典・神事]

大和神社 御田植祭(2月10日)で112年ぶりに「田植歌」を復興にしました。
春日大社・青丹雅楽会・氏子の方々など多くの皆様の協力により、「田植歌」がりっぱに復興しました。

IMG_2832.JPG
写真をクリックすると拡大します。
 今後、10年・100年と後世に伝え引き継いでいくため、更なる協力よろしくお願いいたします。

復興の「田植歌」はこちら

「御田植歌」復興記事新聞に掲載(No2) [その他]

 毎日新聞(2/9)朝刊に大和神社 御田植歌復興の記事が掲載されました。

 掲載記事を紹介します。

IMG_2786.JPG
写真をクリックすると拡大します。

 いよいよ明日(2月10日)御田植祭において、「田植歌」が112年ぶりに復興します。
 参拝お待ちしています。