So-net無料ブログ作成

朝日神社例祭斎行 [祭典・神事]

境内摂社
祭神:朝日豊明姫
例祭:11月30日 10時30分~

S1430008.JPG
写真をクリックすると拡大します。

昔は、桜井・奈良街道を行く方は必ず詣でしと言う。
近年は、大阪ユースホステル協会主催の「伊勢迄歩講(いせまであるこう)」で、12月29日に朝日神社に詣で伊勢神宮へと向かわれます。
旅の安全を祈念しております。

参道清掃奉仕(兵庫町) [奉仕]

兵庫町の皆様による、参道の清掃奉仕が行われました。

S1420004.JPG
写真をクリックすると拡大します。

兵庫町氏子54名によって、参道250M(拝殿前から一の鳥居間)をきれいにして頂きました。
ありがとうございました。

社務所の障子張替 [宮総代の仕事]

社務所の障子を正月を迎えるにあたり張替を行いました。
宮総代は、いろんな経験・技術を持った方がそろっています。正月を迎えるにあたり社務所の障子を張り替えようと有志が名乗りを上げてくれました。

S1400015.JPG
写真をクリックすると拡大します。

三名の見事な共同作業で、作業はスムーズに進んでいます。

S1400016.JPG
写真をクリックすると拡大します。

どうです、きれいに張替できたでしょう。

ありがとうございました。

正月の準備が始まりました [宮総代の仕事]

正月まで後一カ月 正月の準備が始まりました。
宮総代の正月準備作業の初めは、幟旗の竿の取り換えです。
本殿裏の竹藪から、樹齢3年以上の竹を切り出し、幟旗の竿を新しくします。

S1400001.JPGS1400005.JPG


写真をクリックすると拡大します。








一の鳥居前・拝殿前等に立てる幟旗20数本を竹を切りだして作り替え新しい竿で新年の幟旗を掲げます。

2015-11-21_085604.jpg
写真をクリックすると拡大します。
総代全員で作業して半日かかりました。これから、正月準備の作業が続きます。逐次紹介していきます。

拝殿前に黄色いジュータン [季節の風景]

北参道沿いの兵庫町の村社(素盞鳴神社)の拝殿前が黄色いジュータンを敷きつめたようになっています。

S1370002.JPG
写真をクリックすると拡大します。

その正体は、銀杏の落ち葉
拝殿前一面に降り積もった黄色い落ち葉、この黄色いジュータンの上を歩いて参拝は、いかがですか。
このきれいなジュータンを見られるのも後2~3日です。

高龗(たかおおかみ)神社 [神社紹介]

昨日、「龍の木」を紹介しました。今日は、その「高龗神社」を紹介します。

 大和神社の摂社に高龗神社がある。

S1370018.JPGS1370019.JPG





写真をクリックすると拡大します。




 祈雨神祭について全国総本社。

 祭神は雨師大神即ち水神様で、崇神天皇のとき渟名城入姫命をして穂積長柄岬(現新泉星山)に創祀される。
 古来6月1日、10年に一度の大祭には、和歌山・吉野・宇陀その他近在邑々から千人余りも参拝者の列が続いたとある。
 先頭に丹生川上神社、中・下社が金御幣を持ち後尾は末社の狭井神社が勤めた。
 茅原上つ道を経て箸墓裾で休憩。大倭柳本邑に入り長岡岬、大市坐皇女渟名城入姫斎持御前の井戸で祓い清める。神職は輿と共に神橋を渡り大和神社に入る。一般の人達は宿から一番鶏が鳴くと倭市磯池に体を清め笠縫邑から神社へ向かう。
 社は古代伊勢神宮と同じ建築様式で江戸時代の建立になる。

知られていないパワースポット「龍の木」 [神社紹介]

(おおかみ)の木(龍(りゅう)の木)

S1360015.JPG
写真をクリックすると拡大します。

 大和神社の摂社に高龗(たかおおかみ)神社がある。高龗神社の龗(おおかみ)は龍の古語であり、龍は水や雨を司る神として信仰されています。
 この「龍の木」(柿の木)は、高龗神社の龗(龍)の化身の木です。

S1360019.JPGS1360018.JPG




写真をクリックすると拡大します。




 神社参拝のとき、「龍の木」のもとへ足を運んで観ては、しかし、古木ですので、触ったりはしないで下さい。この木の前で、龍と感じたら、すごいパーワーが授かるかも!!

新嘗祭(にいなめさい) [祭典・神事]

今日、午前10時30分から新嘗祭を執り行いました。

2015-11-23_102753.jpg
写真をクリックすると拡大します。

「新嘗祭」は「しんじょうさい」ともいい、「新」は新穀を「嘗」はご馳走を意味します。 毎年十一月二十三日に全国の神社で行われ、新穀を得たことを神さまに感謝するお祭りで、この日、宮中では天皇が感謝をこめて新穀を神々に奉り、御自らも召し上がります。 新嘗祭の起源は古く、『古事記』にも天照大御神が新嘗祭を行ったことが記されています。

2015-11-23_2.jpg
写真をクリックすると拡大します。

また、1873年(明治6年)から1947年(昭和22年)まで「新嘗祭」の祝祭日(休日)であった。以降も「国民の祝日に関する法律」により、「勤労感謝」の日と改称されて国民の祝日となっている。なお、固定日の休日では最も長く続いており、11月23日は日本国民に最も定着している休日でもある。

社務所北側の用水路工事 [神社整備工事等]

北参道入り口(ゲートボール場横)の用水路の工事中です。

S1360021.JPG
写真をクリックすると拡大します。

この水路は、擁壁もなくすぐに埋まり大雨が降ると溢れる状況でした。
完成すれば、水はけも良くなり、神社の木も喜ぶでしょう。

新嘗祭準備 [祭典準備作業]

総代全員で、11月23日の新嘗祭の準備作業行いました。

一の鳥居前に幟旗を設置

2015-11-21_090209.jpg
写真をクリックすると拡大します。

国道沿いに幟旗の設置

S1360003.JPG
写真をクリックすると拡大します。

飾り付けを終えた拝殿前

2015-11-21_105150.jpg
写真をクリックすると拡大します。